本物志向のオーダーメイドベースボールキャップで一味違うオシャレ

SITEMAP

帽子をかぶっている女性

Choices

本物志向のオーダーベースボールキャップ

キャップと言えば一番に思いつくのがベースボールキャップではないかと思います。その昔昭和の時代にはほとんどの小学生が被っていて野球帽と呼びおおよそファッションにはほど遠いものでしたが昨今キャップはファッションにはなくてはならないアイテムにまでなりました。故にいろんな種類が溢れています。でも自分のファッションやスタイルに合うものを探すのも大変で人とかぶることも結構あったりします。
そこで自分の好みにあったオーダー製作をすれば自分の好みにあったものが手にはいります。ネット上では色や文字をかんたにカスタマイズできるものがあるのでこれであれば他人とかぶることなく自分にあったものが手に入ります。さらにお勧めはベースボールキャップであればスポーツ用品メーカーで素材やスタイルサイズは勿論細部までカラーの指定、果ては庇の形まで指定でき約10,000円でオリジナルのメジャーリーグタイプのベースボールキャップが手に入ります。
スポーツ用品メーカーが作るものなのでファッション感覚ではなくさすがの本物志向の高いクオリティーのキャップができあがります。手に持っただけでずっしりした質感はファッションキャップしか知らない人はきっとビックリするはずです。ガキとは一線を画すベースボールキャップ大人のファッションアイテムに入れてみて下さい。

2つのキャップのコーディネート例

ワークキャップは四角いキャップなので、カジュアルなイメージが強いです。また男性的なキャップという認識も大きく、ボーイッシュな見た目になります。しかしベースボールキャップより、こなれた雰囲気が出るでしょう。男性的な帽子ゆえに、女性が被る場合はデニムにTシャツだとあまり女性らしさは出ません。
もし女性らしさを生かしたコーディネートにしたいのなら、ロング丈のチュニックを着てお尻を隠すと雰囲気が出ます。フリフリしたスカートは、フェミニンな要素が少ないので合わないでしょう。男性の場合はカジュアルの中に綺麗な印象も有るキャップなので、どんな服装にも合います。よりオシャレに見せるためには、ジャケットを羽織るのがベストです。ジャケットを羽織る事で、整ったコーディネートを作れます。種類はミリタリーが、丁度良いでしょう。
それからつばが下向きになるジョッキーキャップはガーリーですが、フェミニンさは少ないです。なので、フリルやレースタイプの服とは、相性が悪いでしょう。ゆるいシルエットのスカンツ等が、ジョッキーキャップにはマッチします。またコートはダッフルよりも、Pコートが似合います。男性も基本的には女性と同じで大丈夫ですが、ボトムスはテーパードパンツにすると締まって見えます。あとジャケットに、チェスターコートをチョイスするのも手です。スマートに着こなしたいのなら、チェスターコートを選びましょう。

お気に入りのキャップを綺麗に保つには

帽子が好きな人の多くは、一つは必ず持っていると言っても過言ではないキャップ。お洒落でかぶるのはもちろん、お化粧してない時にサッと被って顔を隠したり、紫外線の強い日のUV対策にも重宝したりしますよね。特に夏にはキャップを被っている人は街でよく見かけるようになります。
でも夏にかぶるとなると、気になるのはキャップに付く汗や臭い、女性によくあるのがキャップの淵の部分にファンデーションが少しついてしまったけどどうやって洗えばいいの?など帽子のお手入れで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。キャップは洗濯機で洗うとなると絶対にツバの部分が型崩れしてしまいます。でもお気に入りのキャップは長く使いたいですよね。
そこでキャップの正しい洗い方とお手入れ方法をご紹介したいと思います。表面の軽い汚れ程度であればコロコロやガムテープなどでゴミを取る程度でも済みますが、汗の臭いやシミ汚れなどはシャンプーで洗うのが一番です。ぬるま湯につけてシャンプーをつけて優しく手洗いします。
もう少し頑固な汚れになると、毛先の柔らかい歯ブラシを使って「酸素系漂白剤」でシミや汚れの箇所を帽子が型崩れしないように軽くこすります。ある程度汚れが落ちたら、ぬるま湯で流して、バスタオルで水分をしっかり取り、丸めた新聞紙を頭の部分に入れて形を保ちながら吊るさずに乾かして、終わりです。お気に入りの帽子を綺麗に長く使いましょう!


キャップならこちからお安く購入できますよ!
あると伴里奈キャップを激安価格で購入しませんか。あなただけのオリジナルキャップも購入できるのでおすすめです。

Recent Article

TOP