本物志向のオーダーメイドベースボールキャップで一味違うオシャレ

SITEMAP

帽子をかぶっている女性

キャップの力は行動力まで出してくれる

赤い帽子

私は昔、学校の規則で今では珍しい坊主にしなればならない学校だったので、良く「キャップ」を被っていました。当時は、小学生上がりなので、「キャップ」もプロ野球の帽子だした。でも、中学2年生や中学3年生になる頃には、オシャレな「キャップ」だったり、「ハット帽」や「ハンチング帽」になったりしていました。私も「キャップ」を止めて、「ハンチング帽」にしたのですが、友達から「競艇場とかボート場にいそうなダフ屋みたい。」と言われ、それがトラウマになり、「野球帽」に戻しました。
でも、いろんな帽子を見て行くのに、自分の中では帽子は「野球帽」しか知らなかったのですが、色々な帽子があることに気が付いて「野球帽」に形が近い「キャップ」を被るようになりました。その「野球帽」から「キャップ」に変わった時に、うれしくなって、その「キャップ」を被って、いろんな場所に出かけました。初めに行った場所は、一般的にいう若い人が集まる場所に出かけました。
たかが「キャップ」ですが、その「キャップ」のアイテム一つで気分が変わり出掛けようという気分にさせてくれるという事は、本当にファッションを考えた洋服の力は「凄いなぁ。」と感じました。

Recent Article

TOP